プレマリンという卵胞ホルモン剤


プレマリンという卵胞ホルモン剤は、
女性ホルモン剤の一つで、
男性が卵胞ホルモン剤のプレマリンを飲むと、
女性化の効果を得ることが出来ると言われています。

女性ホルモン剤に入っている
卵胞ホルモンにの効果について詳しく知りたい方はこちらの「女性ホルモンの種類と、それぞれの効果と副作用をまとめてみた!」の記事を御覧ください!

それではプレマリンという女性ホルモン剤の効果についてみていきましょう!

プレマリンの効果とは?

プレマリンは本来は女性特有の悩み(更年期障害など)を解決する為に飲まれる医薬品です。

主に女性が使用すると、

卵巣欠落症状
卵巣機能不全症
更年期障害
腟炎(老人、小児および非特異性)
機能性子宮出血

の症状に効果があるとされています。

しかしプレマリンを男性が使用すると、

・胸が張ってきた
・胸が膨らんできた
・肌が白くなった
・肌がキレイになった
・髪の毛がサラサラになった
・体が丸みを帯びてきた

などの効果を実感している方が居るようです!

プレマリンの詳しい効果を知りたい方は
実際に使用した人たちの口コミを参照ください⇒「http://holywater.biz/

プレマリンの使用方法と期間

プレマリンの一日の限度摂取量は
大体7〜8錠です。
成分量に直すと、5mg程度。

初めてプレマリンを服用する場合は、
一日3錠を、朝、昼、夜と一錠づつ服用、
それを、一ヶ月ほど続け、
副作用がないようなら、
一日6錠、一回2錠づつに増やしてみましょう!

3ヶ月目に入ったら、
一日8錠の最大摂取量を1ヶ月摂取し、
5~6ヶ月に入ったら、
6錠に減らし、
以降は、自分の体調などを見ながら
自分に合った摂取量に変えていくのが、
一般的なようです。

ようは、
最初の一ヶ月は、
女性ホルモンを体に慣らす期間だと思って下さい。

次の3ヶ月目は、
一番男性ホルモンが増える時期なので、
それを抑えるために量を増やし、

5〜6ヶ月目になると、
その男性ホルモンの量も一気に急減するので、
それにあわせ女性ホルモンを減らします。

こんなイメージです。

一日に3回に分ける理由は、
プレマリンの有効成分の、
血中濃度が下がってしまうのが、
摂取後約8時間後ほどだからです。

一気に6錠飲むよりも、
複数回に分けて飲むほうが、
血中濃度も高い数値を保てて、
なおかつ体にも負担がかかりにくいようです!
なので、初心者でありがちな
一回に一日分の量を飲む!という行為は、
効率が悪いし体にも負担なのでやめておきましょう

理想は一日4回に分けて飲むのが一番効果的ですが、
3回でも効果は実感出来ます。

女性ホルモン剤は個人差が大きい薬なので、
Aさんは一日3錠。
でも、Bさんは一日8錠。

ということもよくあります。
個人差があるので、
一概には言えないことなのです。

今回の摂取量は、あくまで目安です。

プレマリン購入サイト⇒https://osakado.cc/puremarin/

プレマリンの副作用

risuk

プレマリンの副作用は簡単にいうと、

・肝臓への負担
・血栓症になりやすくなる

ですね。

主な副作用は、肝臓への副作用が主ですね!
血栓症になりやすくなるといっても、それほどでは無いようです。

あとは、副作用と言えるのですが、
女性化を目指す方にとっては、
副作用ではなく、プレマリンの効果となるものです。

例えば、胸が出てきたり、
女性らしい脂肪がつきやすくなったり、
男性機能の永久的な消失などですね。

半年~1年ほどで、男性機能は働かなくなりますので、
そこもきちんと覚えておいてください。

詳しい副作用に関してはこちらの「女性ホルモン剤の副作用は?」の記事を御覧ください!

22937