プロバンサイン(多汗症)の事前調査

多汗症で悩む方たちの間で話題になっているプロバンサイン(多汗症のジェネリック医薬品) 。

今回はこのプロバンサインを使用した、
皆さんの口コミ評価体験談をまとめていき、
プロバンサインの効果を探っていきたいと思います!

プロバンサインにあった悪い口コミや評価(レビュー)

  • プロバンサイン(多汗症)を飲んだ後の副作用としてのどの渇きがひどくて飲み物が手放せない。
  • 快便だったのに飲み続けるとで便通が悪くなる場合がある。
  • 普段煙草を吸っている人は煙草を吸ったあとに吐き気を感じるようになる。

なるほど。
多汗症効果があると言われているジェネリック医薬品だからか、ノドの乾きや、便通の変化など、水分が奪われるような副作用が出るようですね。この辺は、確かに気になる所ではあるので、実際にどうなるのか、気にしながら使用してみたいと思います!

プロバンサインにあった良い口コミや評価(レビュー)

季節問わず、体全身から汗が噴き出る体質だったものの、プロバンサインを飲み始めてからハンカチで額の汗を拭くぐらいに収まっている。仕事に行くときは一年を通して下着の着替えが必要だったものの、プロバンサインの効果のおかげでその必要がなくなった。
わきの下の汗が特にひどく、シャツの色が変わってしまうほどだったものが、プロバンサインを飲み始めて少しのどが渇くようになったと感じるのと同じぐらいの時期に汗の量が減った。顔の汗もハンカチが手放せないほどで、体調によってタオルが必要なぐらいだったものがハンカチで済むようになったのはプロバンサインの効果だと思う。劇的な改善にとても助かっている。
仕事柄、人と接する場面が多いため汗っかきな部分をいつも言われて気にすればするほど汗が止まらない状況だったのにもかかわらず、プロバンサインを飲み始めて、メイク崩れの心配がなくなったほど体質改善が成功した。

プロバンサイン(多汗症)を実際に飲み続けている方の体験談をご紹介

30代 女性の体験談

恥ずかしい話ですが、汗の量はわきの下に使う汗吸い取りパッとだけでは吸い取り切れないほどの汗がでていました。会社で支給される制服のわきの下がすぐに汗でにじんでいましたが、口コミで評判になっていたプロバンサイン(多汗症)を飲み始めてからわきの下の汗の量が劇的に減り、今では朝わきの下パットを付ければ途中で交換の必要がないほどまで効果を実感出来たのです。のどの渇きが気になっているものの、これまでも日ごろから飲み物を持ち歩いてのどを潤いしていたので特に困ったりはありません。

40代 男性の体験談

40代に差し掛かり、一般的に中年といわれる世代になった時、やたらと手汗が出るようになりました。ひょっとしたら仕事などのストレスが原因なのだろうとストレス解消のためにいろんな対策を試してみてもあまり改善しなかったので妻に相談してみたところ多汗症かもしれないと言われて初めて病院を訪ねました。妻のいう通り多汗症と診断されて、そこで処方されたのがプロバンサイン(多汗症)です。神経物質に作用する働きのある薬のようで、飲んで30~40分ぐらいたったころに手汗の量が減ったことを実感しました。のどの渇きも気になりましたが、汗の量の効果に比べたら非になりません。神経を少しでも落ち着かせるため、今までやっていた対策(ストレス解消や運動など)も継続して続けています。

30代 女性の体験談

若いころは汗の量が気になることはなく普通に過ごしていました。ところが30代後半に差し掛かった時、手汗の量が増えたかも・・・。と、気になり始めたんです。そのうち顔、首、胸回りなどの汗も多くなり、もしかしたら人より早く更年期が来たのだと思い病院で診察してもらいました。するとそこで診断されたのは多汗症だったんです。まさか急に体質が変わるなんて考えてもいなかった私はびっくりしました。処方されたのはプロバンサイン(多汗症)です。アセチルコリンという神経伝達物質を抑える作用のあるお薬です。このお薬を飲んでから汗の量が減り、メイク崩れの心配もなくなったのでほっとしています。

>>もっと体験談をみたい方はコチラから⇒他の体験談一覧

プロバンサイン(多汗症)とはどんな薬なのか

汗の量が多くて困っている方々に処方されるお薬で、汗の量を抑える効果があります。日本では汗の量が多くて私生活に支障が出ている人たちは全体のおよそ5%もいることが分かっています。自分だけが悩んでいるわけではない!というのを知ることで少し気持ちが軽くなったのではないでしょうか。

どんな場面で困っている人が多いのかというと、

  • 顔にたくさんの汗をかくのでメイクがすぐに崩れてしまう。
  • 仕事をしていると書類が手汗でよれよれになってしまう。
  • 学校で教科書やノートが手汗でよれてしまう。

などなど。

恋心が芽生える年ごろになれば手汗がひどくて好きな人と手をつなぐのも躊躇してしまうという声もあります。これらの症状は、わきの下の汗を防ぐ制汗スプレーなどを使っても手汗を抑える効果は期待できません。

プロバンサインは、医療機関でも処方されているお薬なので安心して誰でも服用すが出来ます。そして汗をかかせるための抗コリン作用の信号を脳に送らないため指令を止めることで汗の量をコントロールするのが可能なお薬です。また、即効性が期待できるため、どうしてもこのタイミングは汗をかきたくないという場面の1時間ほど前に飲めば薬の効果が表れます。

また一部でプロバンサインがわきがにも効果がある!みたいな記事が書いてあるサイトがありますが、本来の使用目的は多汗症での使用なので、あまりワキガには効果を発揮しないと思われます。目的の違う使い方をすると、思わぬ副作用が出たりしますので、間違った使い方は避けて使用して下さい。

プロバンサイン(多汗症)の効果を知りたい方へ

そもそも多汗症というのは、汗をかくための伝達神経が人よりも敏感に脳に到達してしまうことで汗の量が増えてしまいます。そのため、暑い季節に限らず体のあらゆるところから汗がでてしまい、私生活に支障が出て悩んでしまうのです。多汗症と診断されることが多く、その症状を軽減さ焦るために処方させるお薬がプロバンサイン(多汗症)です。一般的な病院で普通に処方されています。

気になる効果ですが、たくさん汗が出て困っているわけですから、その信号を鈍らせることが出来たら汗の量を減らせるのです!その効果をもたらしてくれるお薬です。信号が鈍ると、これまでかいていた汗の量を減らせるので、大量の汗をかいて下着や洋服が濡れてしまったり、手汗がひどくて持っているものすべてが汗で濡れてしまうような状態を改善できることが期待できます。

汗を抑えたいと思うときはどんなときでしょうか。少しでも早く止めたいという場面がほとんどのはずです。プロバンサインが多くの方の間で支持されているのは、その効果に即効性があるというのもひとつのポイントになっています。個人差はありますが、服用してから長くても1時間程度で効果が表れると言われているので、例えば大事な会議があって汗をかくのは困るという場合、会議の1時間半ぐらい前に飲めば会議のタイミングに合わせて汗が収まってくる効果を得れるでしょう。

塗るタイプの薬ではなく飲むタイプの薬なので、体全体に作用をもたらしてくれるのも特徴のひとつです。多汗症の場合は一部の部位だけでなく、ほかの部位の汗の量も多くなる場合もあるため、内服薬というのもメリットになっています。

また、汗を抑える作用だけでなく、粘膜の刺激を抑える作用ももたらします。そのため、胃液の分泌量を抑えることもできるため、症状に合わせて胃腸薬として処方される場合もあります。この薬を飲んで胃腸が荒れるという心配はこれでなくなりました。胃けいれんで悩んでいる方にも処方される場合があり、消化管の異常収縮の痛みを和らげる作用ももたらすのは、副交感神経から伝わる刺激を伝える物質の働きを抑えることが出来るためです。

そのほかにも夜尿症など気持ちとは裏腹に尿が出てしまう症状を防ぐときに処方さらえる場合もあります。多汗症以外の症状にもよく使われる薬なので、広く一般的に服用している方がいる事実は、初めてこのお薬を飲む方にしてみれば安心材料のひとつになるかもしれません。

プロバンサイン(多汗症)に含まれているプロパンテリンとは

顔や首、掌、胸、おしりなど体の様々なところからたくさんの汗が出て止まらない状態を多汗症と言います。汗が出る場所は人それぞれ違いがありますが、生活に支障が出るほど大変な症状なので薬を使って症状を改善させる方法が一般的です。

そこで注目されているのがプロパンテリンという成分です。多汗症はアセチルコリンという神経伝達物質の働きが過剰になると引き起ります。汗が出るほかにも、排尿などの代謝を促す作用をもたらします。

この神経伝達物質が過剰に働くと多汗症を引き起こすのですが、プロパンテリンはその働きを抑える作用をもたらします。この成分は市販されている制汗スプレーなどにも含まれていますが、多汗症ほど汗が出ている場合はスプレーだけでは抑えきれないのが現状です。

プロバンサイン(多汗症)を服用した時の副作用と対策は

一番多いのが、口やのどの渇きです。人それぞれ体質が違うので含有成分による副作用の出方も違いがありますが、汗が出にくくなった代わりに口やのどが渇く方は多いようです。これはいつもこまめに水分を補給することで対応できます。水分が不足すると便秘になりやすいと訴える方もいます。家にいるときは問題ないものの、職場にいるときや外出中は水分を取りにくいので、常にバッグに水筒やペットボトルを用意していつでも水分補給できるよう副作用対策として整えておくといいでしょう。

そのほかにも、

  • おしっこの量が減った
  • おしっこが出にくくなる
  • 残尿感を覚える
  • 光がいつもよりまぶしく感じる
  • 目がかすむようになった
  • 物が見えにくくなった

という副作用も報告されています。
すべて当てはまるという方は稀で、口やのどの渇きのほかにそれぞれいくつか症状が現れるというパターンが多いようです。もちろん中にはのどの渇きだけを訴える方も少なくありません。

プロバンサイン(多汗症)の最安値情報をチェック

プロバンサイン(多汗症)は飲み続けることで含まれている成分の効果を継続させられます。出来ればお得な値段で買いたいと誰もが思うところでしょう。

2017年11月現在で見ると、ネット通販の大手サイト楽天市場やAmazonでの取り扱いはありません。病院で処方される薬なので病院で診察を受けないと手に入らないのかというとそうとは言い切れません。

実は輸入代行サイトを利用するとネット通販での購入が可能となっています。たくさんの輸入代行サイトの中でも特にプロバンサイン(多汗症)を買っている方が多いのは「オオサカ堂」や「くすりエクスプレス(ベストケンコー)」というショップサイトです。海外から輸入しているため為替レートで値段が変わりますが、平均すると5,000~6,000円の間で用量100錠タイプを購入することが出来ます。

しかし、安定して低価格なのはお薬ラボという通販サイトです!

私も低価格で買いたい方なので、いつもお薬ラボを利用しています!

鑑定証付きで、偽物の心配も無いですし、ポイントも貯まるのでどんどん割引価格になっていって、とってもお得に購入することが出来ます!

22937

個人輸入代行サイトを利用するときは、利用者数が多いかどうか、購入したあとのトラブルに対してアフターサービスが整っているかどうかなど確認してください。もちろんすべて日本語表記であることや、メールや電話でのやり取りもすべて日本語が可能かどうかもショップを選ぶ時の見極めのポイントにするといいでしょう。

その他の体験談

女性の体験談

多汗症は気持ちの持ちようでどうにかなるものではなく、薬を飲むことで改善されると知ってからは本当に気持ちが楽になりました。プロバンサイン(多汗症)は口コミにあったように効果に即効性があり、私は飲んでから20分後ぐらいに手汗の量が減ったのを実感しました。あれほどハンカチが手放せない状態だったのにうそのようです。ちなみに副作用として言われているのどの渇きはほかの人より少々強いようで、食事の前などはしっかり口を潤してからでなければ食べ物がのどに詰まりそうなので注意しています。それ以外はとくに困った症状は感じていません。

女性の体験談

手汗の量で悩んでいたのは友達も知っていました。わきの下に使う制汗スプレーを使ってみてもダメでした。まだ20代になったばかりで若いころから大量の汗で悩んでいた私は、このままじゃ恋人もできないと悩んでいましたが両親の勧めで病院で診てもらったところ多汗症という症状だとわかりました。原因が分かっただけでも気持ち的に楽でしたし、プロバンサイン(多汗症)という薬の効果で症状が軽くなってきたのも本当にうれしかったです。口の渇きが気になりますが、汗の量が多く悩んでいたことに比べたらそれほど苦痛になりません。外に出るときは必ず水筒やペットボトルを持参していつでも水分を取れるようにしています。

男性の体験談

汗をかくのは夏の暑い時だけ、という一般的な常識がある中で季節問わず冬でも手汗がびっしょりでハンカチが手放せない自分は仕事の効率が悪く困っていました。手にする書類は手汗で濡れてしまうため、一度ハンカチで汗を拭きとってから書類を触ります。これがいちいち手間でした。そこで病院で診察を受けたところ多汗症と診断され、病気なら仕方がないと腹をくくりました。もともとプロバンサイン(多汗症)の効果は口コミで知っていたので、毎日飲む薬として取り入れることに不安はありませんでした。ちなみに飲んで20~30分後には効果が出てきて、手汗の量が驚くほどなくなり、気づけば顔や体の汗も以前に比べて減ったことに驚きました。皆さんが言っているようにのどの渇きがあったものの、それは水分補給で解消できたため特に苦痛に感じなかったです。

女性の体験談

用量は1日の上限が決まっているので、私の場合はその日の体調を見て薬の飲む量を減らしています。例えば仕事が休みの日は神経を使う頻度が少なくなるため、朝1錠と夜1錠、仕事があるときはやはり神経を使うため朝、昼、夜とそれぞれ1錠ずつ、1日3条飲んでいます。そのほか、いつもよりのどの渇きがひどすぎると感じた場合も薬の量を減らしています。あくまでも医薬品ですから、用量を守ったうえで絶対に増やしたりはしません。

男性の体験談

あまりの汗の量に私生活に影響が出ていたため病院で診察を受けたところ全身性の多汗症と診断されました。私は体だけでなく頭から汗をかく場合もあるため、髪の毛が汗でべたべたに濡れてしまうことに気に病んでいたのです。気にすればするほどひどくなると思っていましたが、結局それすら心配の種になるため気持ちだけでは治らないと諦めました。そこで病院を訪ねたところ多汗症と診断されたのです。神経系の薬なので、汗を大量にかく、アセチルコリンという働きを抑える成分なので、服用することで汗の量を抑えることが出来ました。はじめは1日1錠から、途中で1日3錠まで増やし、今は1日2錠で落ち着いています。

男性の体験談

皆さんはのどの渇きがあるのは仕方がないと口コミで話していたので覚悟はしていましたが、眠気がある人もいると書いてあったので車通勤をやめてバス通勤に変えました。万が一があると怖いので、念のため通勤手段を変えました。実際に汗の量は格段に減ったため、書類が汗でべたべたになることもなく、汗に関するストレスがなくなったことで仕事の効率がよくなったと感じています。のどの渇きはこまめに水分が取れる環境なので副作用もあまり関係ありませんでした!

男性の体験談

実際に飲んで驚いたのは、飲んだその日にすぐ効果が出たということです。同時にのどが渇くという症状も感じましたが、私の場合は顔、首回り、体、手汗などとにかく汗をかく量がすごかったので、それに比べればのどの渇きは水分を取ると解消できると判断しています。大量の汗はふくことしか対策や対処ができませんでしたから、汗を拭くためのハンカチ、タオル、汚れた下着を変えるために着替えを持ち歩いていた頃を考えると、自分の場合はプロバンサインを取り入れてよかったと思っています。

女性の体験談

私は手汗がとにかくひどくて病院で相談してみたら、と家族に言われて診察を受けました。そのとき処方されたのがプロバンサイン(多汗症)です。まったく手汗をかかなくなったわけではないものの、ハンカチを握って過ごさなければいけなかったときに比べたら汗の量が格段に減りました。一日に朝夜と2回飲み続けています。

男性の体験談

服用するとのどの渇きが気になるようですが、私は仕事柄外回りが多いので、営業用のカバンの中には必ずペットボトルを入れて持ち歩いています。私の場合は特に手汗と顔から汗がひどかったのですが、汗の量は体感的に70%ぐらいは減ったと思います。

女性の体験談

実際に飲んでみてその効果は口コミにもあったように、手汗の量が驚くほど減りました。まったく汗をかかなくなったのではなく、以前に比べるとずいぶん減ったという感じです。おそらく飲み続けていくと体質がさらに改善されるのではと想像しています。ちなみに、報告されているどの渇きは実感しているので、ディスクワークの私は机の上にお茶や水などのペットボトルを置いています。手汗が減ったので仕事がこれまでよりスムーズにこなせるようになったことが何よりうれしいです。

女性の体験談

皆さんおっしゃっているように、汗の量は減るものの口の渇きが気になるという点が私も心配です。口が渇くと虫歯になりやすいという話でしたので、これまで以上にデンタルケアにも気を付けるようになりました。おかげで口臭や虫歯、歯茎のトラブルにも関心が高くなったため、お口の環境は以前に比べて健康になりました。もちろんプロバンサインの効果で汗の量も以前に比べて減ったので、毎日の生活が快適になり助かっています。

男性の体験談

プロバンサイン(多汗症)を飲み始めたきっかけは、満員電車で汗の量が気にあるためです。もともと汗の量が多くて私生活でも支障が出てましたが、満員電車に揺られて出勤の時は本当に地獄でした。不快なのはもちろんですが周囲の目が気になって仕方がなかったんです。そこで知り合いに相談したところプロバンサイン(多汗症)がいいと聞いたためさっそく取り入れてみることに。最初は体質のこともあるので1錠ずつ、様子を見て一日2錠まで増やしました。驚くことに飲んで1時間もしないうちに薬の効果が表れたんです。掌の汗がスーっと引くような感覚で本当にうれしかったです。今では安心して満員電車に揺られながら通勤しています。

女性の体験談

多汗症で悩む人たちの救世主となるプロバンサイン(多汗症)の存在を早く知りたいと思っていました。私は物心ついた時からとくに手汗がひどく、例えば小学校の時に運動会でフォークダンスをするときクラスメイトと手をつなぐのが本当に嫌でした。緊張すればするほど手汗の量が多くなり、子供ながらに学校の運動会が嫌で休みたかったぐらいです。そんな私が大人になってもその悩みは解決せず、その悩みを知った友人から多汗症の疑いを言われたときには悩みがその瞬間になくなったような感覚だったんです。病院で診てもらったらその通り多汗症と診断されました。何度も病院に通って薬を処方してもらうのが少し面倒に思っていたところ輸入代行ネットショップで購入できることを知ったので、仕事が忙しくて病院に通えないという自分でも飲み続けることが出来ています。

まとめ

自分の意思に反してどんなときでも大量の汗が出てしまうというのは大きな悩みになっているはずです。気持ちを落ち着かせたり制汗スプレーなどを使っても症状が改善されない中でプロバンサインの薬を飲んで症状が軽減される効果を得れると本当に救われます。悩んでいても症状はよくなりませんから、日常生活をストレスフリーで送るためにもぜひ一度病院で診察を受けてください。多汗症であることがはっきりわかれば、あとは薬による治療を続ければいいだけですから、安心でしょう。

22937