塗るED治療薬ヒムコリンの効果は!?効果最大の使い方とは?

EDや性欲減退に効果の期待できる精力剤ですが、
一般的には錠剤やカプセルなど内服スタイルの商品が多いです。

しかし中には、直接ペニスに塗ることで勃起力回復を狙う商品も見られます。このような塗るED治療薬として最も評判の高いヒムコリンという商品があります。ここではヒムコリンの期待される効果や正しい使い方についてみていきます。

ヒムコリンとは?

ED治療薬はいくつか出ていますが、
錠剤などの内服タイプのものが主流でした。

錠剤タイプは、体内に直接有効成分が吸収されるので、高い効果が期待できます。しかしその反面、効果が強く出ると副作用で苦しむ可能性があります。また食事の影響を受ける可能性がありますので、どのタイミングで服用すればいいかなど細かく期待されているものが多かったです。

ヒムコリンとは、ペニスに直接塗り込むタイプのED治療薬です。
ですから内服薬のように食事の影響を受ける心配がありません。
自分の好きなタイミングで塗って使用できます。

塗るタイプのED治療薬のヒムコリンの場合、効果も内服薬と比較してすぐに実感しやすいです。クリームタイプのED治療薬のため、べたつきなどの心配がないか気になる人もいるでしょう。しかしヒムコリンの場合、クリームを塗ってもすぐになじむので、べたつきなどの不快感がないです。すぐにセックスになっても、女性がぬめりを感じることもないでしょう。

クリームタイプのヒムコリンの場合、塗ったことで皮膚トラブルが起きるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかしヒムコリンの中には天然由来のハーブなどしか配合されていません。化学的な医薬品が含まれているわけではないので、皮膚に強い刺激を伴うこともなく、かぶれなどが起きる可能性も低いです。

また挿入の前に、オーラルセックスをしたいという人もいるでしょう。
クリームの中には別に体に入ってマイナスになるような成分も含まれていません。ですから女性に対しても安心して口でしてもらうこともできます。ただしヒムコリンを塗ってから直ちにセックスする際には、念のためコンドームを付けたほうがいいでしょう。その方が女性にとっても優しいといえます。

内服タイプのED治療薬で副作用が出て懲り懲りしている人や内服タイプは効果が強すぎることに抵抗のある方にはお勧めのED治療薬といえます。

ヒムコリンの成分・効果

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づき製造されたヒムコリンは、ヒマラヤ社というところで製造されています。天然成分にこだわっていて、肌に直接塗るタイプのED治療薬ですが肌トラブルの起きるリスクは低いとして注目を集めています。

内服薬の場合、病気でほかの薬を常用している場合、ED治療薬の使用できない人もいます。そのような人でも安心して使用できる治療薬として注目を集めています。ヒムコリンに勃起力回復の効果が期待できる理由には、2つの成分が関係しています。その2種類の成分とは、ジャコウアオイとスタッフツリークライミングです。

ジャコウアオイ

ヒムコリンに含まれるジャコウアオイは、アオイ科ゼニアオイ属の多年草のことです。

このジャコウアオイ、インドでは古くから媚薬の一種として使われてきた歴史があります。性欲向上効果が期待でき、それに伴い勃起力の強化につなげることも可能です。

スタッフツリークライミング

ヒムコリンに含まれるもう一つの主原料のスタッフツリークライミングにはペニスの血管を拡張する効果があるといわれています。私たちのペニスが勃起するには、陰茎海綿体に多くの血液を流入させることが大前提です。血管を拡張できれば、ペニスに流れ込んでくる血液量はおのずと多くなって、性的興奮を覚えれば勃起しやすい環境が整備されます。

またスタッフツリークライミングには陰茎の内圧を高める効果があるといわれています。その結果、いったんペニスに血液が流入しても外に逃がしにくくできます。ということは、勃起力を長時間維持させることも十分可能になります。

海綿体に血液が流入して、膨張する勃起の起きる頻度が増えるとペニスのサイズアップ効果も期待できます。実際ヒムコリンの期待される効果の中に、ペニスのサイズアップも含まれています。

男性の中には、

  • ペニスのサイズが小さくて女性と仲良くできない
  • 銭湯や温泉に入れない

という悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

誰にも相談できずに一人悩みを抱えているのであれば、ヒムコリンを一度試してみることです。しばらく使っていると、ペニスが以前と比較して一回り大きくなるかもしれません。

また、EDで悩んでいる人の中には、
いわゆる中折れがしばしば起きる方も少なくないでしょう。
中折れとは勃起はするけれども、射精する前にペニスがなえてしまう現象です。これも男性にとっては結構ショックなことで、中折れを経験したことがきっかけでEDの症状がどんどん深刻になってしまう人も少なくありません。中折れで女性とのセックスに恐怖心を持っている人は、ヒムコリンを一度使ってみる価値があります。

男性のペニスに関する悩みの中で、EDのほかに早漏もしばしば聞かれる事案です。「三こすり半」という言葉に代表されるように、挿入してすぐに射精してしまうのは大きなコンプレックスになりがちです。女性のことを満足させられないとなると、セックスに対してプレッシャーを感じてしまうでしょう。そのことによってメンタルのコンディションを崩し、EDの症状を引き起こすことも考えられます。

そもそも早漏がなぜ起きるのか?
それはペニスが女性の襞の刺激に対して過敏に反応してしまうからです。スタッフツリークライミングにはこのようなペニスの過敏に反応する刺激を鎮める作用があるといわれています。ですから早漏の症状が和らぎ、挿入時間を伸ばして女性を悦ばせることも十分可能です。

ヒムコリンの使い方・注意点

ヒムコリンの使い方ですが、
適量を手にとって陰茎に塗り込むだけです。

別にいつ塗っても構いませんが、効果の持続時間は3時間といわれていますので、セックスの直前に塗れば塗るほどより長時間セックスを楽しめます。塗るときにしごくようなイメージで行うと、勃起しやすくなります。

前戯の時にヒムコリンを塗るプレイをしてみるのもおすすめです。
つまり相手の女性にお願いして、ヒムコリンを塗ってもらうのです。女性に手に取ってもらってペニスに塗ってもらい、その時にしごいてもらうと見る見るうちに勃起するかもしれません。女性も喜んでくれるでしょう。また先ほども紹介したようにヒムコリンには、媚薬的な効果も期待できます。このため、感度がいつも以上にアップしてセックスの満足度も高まるでしょう。

効果や持続時間について、あくまでも目安であり参考です。
個人差のあることはあらかじめ理解しておきましょう。また効果が薄かったからといって、大量にクリームを一度に塗るのもおすすめできません。あくまでも男性のペニスに塗るために開発された医薬品です。媚薬効果があるからといって、女性器に塗るのは避けたほうがいいでしょう。

ヒムコリンの副作用は?

ヒムコリンは先ほども紹介したように、
インドの伝統医学に基づき天然由来のハーブによって作られています。

ですから塗ったことによって副作用の起きることは、あまり考える必要はないです。
ただし肌に直接塗るものですから、もともとアレルギー体質であるとか、敏感肌など肌質が良くないと肌荒れなどのトラブルの起きる可能性も否定できません。もしヒムコリンを使って肌荒れが起きたようであれば、いったん使用を中断して皮膚科の先生など専門家に相談することです。

ヒムコリンは持病があって薬を常用している人でも使用できるED治療薬といわれています。しかし内服タイプのED治療薬との併用は控えたほうがいいとされていますので、こちらの方にも注意しましょう。

天然のハーブを使っていますので、ヒムコリンを塗った状態で挿入しても膣内で炎症を起こすなどのトラブルの可能性は極めて低いです。しかし万が一のことを考えて、セックスする際にはコンドームの装着が推奨されています。

ヒムコリンの口コミ

ヒムコリンを実際に使ってみた人の口コミが、ネット上でいろいろと紹介されています。ここでいくつかピックアップしますので、どのような効果が期待できるかチェックしてみましょう。

早漏が改善されました

40代 男性
私は長年早漏であることが深刻なコンプレックスでした。挿入して1分持たないのがしばしばで、彼女に悪いなという思いもあったし、悩みが悩みだけに友だちにもなかなか相談することができないでいました。そのようなときに、ヒムコリンの存在を知りました。ヒムコリンはED以外にも早漏の改善に効果があるとのことで気になって購入しました。ヒムコリンを塗って彼女とセックスしたのですが、今までと比較して格段に持続力が向上しました。私も彼女も大満足で、セックスのたびに使わせてもらっています。

いつもと比較して元気になった

30代 男性
勃起しないわけではないのですが、芯が入っていないような感じなのが悩みの種でした。ED治療薬には興味があったのですが、もし副作用が出たらどうしようと思ってしまい、なかなか躊躇して一歩踏み出せませんでした。でもヒムコリンは塗るタイプのED治療薬ということで、副作用は多分出ないだろうと思い気軽な気持ちで購入しました。効果はてきめんで、若いころのようにガチガチになりました。射精の時も大量の精液が出て、爽快感がありました。

ちょっと臭いが…

20代 女性
彼氏が購入して、塗ってほしいといわれたので使ってみました。クリームタイプということでべたつかないか心配だったのですが、べたべたする感じがなく、すぐに肌になじんでいきました。スムーズに手を動かせてそれが良かったのか、彼のは普段よりも固く大きくなりました。でも臭いがどうも私には受け付けないみたいで…。口でするのは厳しいなと思いました。臭いが気になってしまい、私の方が乾いてしまったのでローションを塗ってセックスしました。

ヒムコリンの最安値

ヒムコリンは通販サイトで主に取り扱っています。しかし通販サイトの中でもあまり取り扱っているところは少ないようです。大手オンラインショッピングサイトの楽天AmazonYahoo!ショッピングオオサカ堂では取り扱いがありませんでした。

お薬ラボというサイトでは、ヒムコリンの取り扱いがありました。
1本30g入りで、1本と3本、5本のコースが用意されていました。単品で購入すると2340円と、定価の2600円よりも安いです。

まとめ買いをすると、単価がさらに安くなります。3本コースの場合、6320円で1本あたりの単価は2106円となります。また5本コースは9360円です。この場合単価は1872円と2000円を割り込みます。

お薬ラボの場合、キャッシュバックポイントがついてくるのも魅力です。1本購入で70ポイントついてきます。以下同じく3本セットで189ポイント・5本セットで280ポイント付与されます。このキャッシュバックポイントを活用すれば、さらにお得にヒムコリンを購入できるでしょう。

本数 料金 1本あたりの料金 ポイント
1本 2340円 2340円 70ポイント
3本 6320円 2106円 189ポイント
5本 9360円 1872円  280ポイント

ヒムコリンのまとめ

精力減退・勃起力が若いころと比較してダウンしているけれども、ED治療薬を服用することには抵抗感があるという人も多いでしょう。ヒムコリンの場合ED治療薬はED治療薬でも内服タイプではなく、塗る外用薬なので副作用などの心配をする必要はないです。ペニスに直接塗るのですが、自分でやるのもいいでしょうし、彼女にお願いするのもいいかもしれません。特に長いお付き合いでセックスがマンネリ化しているのであれば、新しいプレイになってそれが刺激となって、気分をリフレッシュできるかもしれません。早漏にも効果があるといわれ、挿入してすぐ果ててしまう人も使ってみる価値はあります。

22937